こころパン

聖書と、たわむれる時。

逃げるは役に立つか。

<聖書のことば>

Luke 8:6 また、別の種は岩の上に落ち、生え出たが、水分がなかったので、枯れてしまった。

Luke 8:13 岩の上に落ちるとは、こういう人たちのことです。聞いたときには喜んでみことばを受け入れるが、根がないので、しばらくは信じていても、試練のときになると、身を引いてしまうのです。

 

注)「種」とは神の救いのみことばのことです。

 

<牧師からのことば>

残念だなあ。

信仰の醍醐味を一番深く味わえる時に、いなくなっちゃうなんて。

ねえ、そうだよねえ。もったいない。

512年前、稲光と火の玉に脅されて修道士になったルターという人がこう言っている。

「試練のなかに、どれほど大きな恵みが隠されているかを知るべきだからです。そのようなことを知ろうとする人は、ごくわずかです。そのためにかえって、大きな傷を負ってしまっているのです。」

試練の時に身を引くと(逃げると)かえって傷つくぞ。

逃げるは役に立たない。

覚悟を決めて、根を張って、隠された恵みを受けよう。

f:id:Yattomo:20161205144413j:plain