こころパン

聖書と、たわむれる時。

主イエスの弟子になってください。

<聖書の言葉>
“自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、 わたしの弟子になることはできません。”
(Luke 14:27 SHINKAI)
 
<コメント>
世界を変えたい人は、主イエスの弟子になってください。
弱い人のために働く人は、主イエスの弟子になってください。
差別と戦う人は、主イエスの弟子になってください。
医者になりたい人は、主イエスの弟子になってください。
 
人を笑顔にする仕事をしたいならば、主イエスの弟子になってください。
代表取締役社長になりたい人は、主イエスの弟子になってください。
日本一のドーナツ屋さんになりたい人は、主イエスの弟子になってください。
一生自由でいたいと思う人は、主イエスの弟子になってください。
 
主イエスの弟子とは、ほんとうのクリスチャンのことです。
 
主イエスの弟子だからといって、全てが思い通りにはなりません。
でもそこを耐え忍ぶならば、あなたの計画を超えて、常に新しい道が見いだされます。
失望も、絶望もありません。
これは真実なことです。
 
全ての土台は、主イエスに従うことです。
主よ、喜んで。と。

f:id:Yattomo:20130819134101j:plain

招待状は、こころに来る。

<聖書の言葉>
“「ある人が盛大な宴会を催し、大ぜいの人を招いた。宴会の時刻になったのでしもべをやり、招いておいた人々に、『さあ、おいでください。 もうすっかり、 用意ができましたから』と言わせた。
ところが、みな同じように断り始めた。 最初の人はこう言った。
『畑を買ったので、どうしても見に出かけなければなりません。すみませんが、お断りさせていただきます。』”
(Luke 14:16–18 SHINKAI)
 
 
<コメント>
イエスさまからの招待状は、ある時突然届く。
それが届いたら、他の用事はなんとかやりくりして、とにかく行かなければならない。
 
ぼくにも今日、一週間ぶりに来たんだ。
ワクワクするねぇ。
 
畑よりも、新しいiPhoneを受け取ることよりも、WBCの誘いよりも、
大切なものだから。
 
そう、イエスさまにワクワクするなら、決して逆らってはいけない。

f:id:Yattomo:20170212121349j:plain

考えてみれば、なんと素晴らしき世界。

「烏のことを考えてみなさい。蒔きもせず、刈り入れもせず、納屋も倉もありません。
けれども、神が彼らを養っていてくださいます。
あなたがたは、鳥よりも、はるかにすぐれたものです。」 (Luk 12:24 )
 
 あなたは、おなかがすいて墜落してしまった鳥を見たことはありますか?
私はありません。
ここにごはんがなければ、他のところへ探しに行くでしょう。
神がくださった翼を羽ばたかせて。
見つかることを何も疑わずに。
 
地は神の恵みで満ち溢れています。
私たちは鳥よりも多くの恵みを与えられ。見つけ出す者ではありませんか。

f:id:Yattomo:20170303130840j:plain

現金、カードでは買えない。

「どんな貪欲にも注意して、 よく警戒しなさい。 なぜなら、 いくら豊かな人でも、 その人のいのちは財産にあるのではないからです。 」
(Luke 12:15 SHINKAI)
 
本当の「豊かさ」ってお金がたくさんあることではないって、考えたことがありますか?
決して貧しい人の負け惜しみではありません。
 
神さまに従う喜びの日々。
イエスさまから慰められ力を与えられる勝利の体験。
主の御霊が、真理を悟らせてくださったあの瞬間。
 
そのような喜びをたくさん経験した人は「神のみ前に」富む者です。(ルカ12:21)
 
それが本当の「豊かさ」です。
それはお金では買うことはできません。もちろんカードでも。
アマゾンでも売っていません。

f:id:Yattomo:20170302121527j:plain

私は「良い地」になる。

<聖書のことば>
Luke 8:8 また、 別の種は良い地に落ち、 生え出て、 百倍の実を結んだ。 」
Luke 8:15 しかし、 良い地に落ちるとは、 こういう人たちのことです。 正しい、 良い心でみことばを聞くと、 それをしっかりと守り、 よく耐えて、 実を結ばせるのです。
 
<私のことば>
私は、みことばのことはいつも後回しにしてきた。
私は岩の上にいて、嫌なことがあれば、すぐ逃げ出してしまう者だと思っていた。
そしていばらの中で、失敗への不安、ダサく見られる恐怖、そしてひとりぼっちを恐れる者だった。
 
信仰がその生き方に表れていない人の信仰は信じない。
その言葉は正しい。
 
信仰の実を結ばせるように求められているのは、私自身だ。
私が「良い地」になる。

f:id:Yattomo:20040827120548j:plain

みんな悩んで、大きくなる。

<聖書のことば>
Luke 8:7 また、 別の種はいばらの真ん中に落ちた。 ところが、 いばらもいっしょに生え出て、 それを押しふさいでしまった。
Luke 8:14 いばらの中に落ちるとは、 こういう人たちのことです。 みことばを聞きはしたが、 とかくしているうちに、 この世の心づかいや、 富や、 快楽によってふさがれて、 実が熟するまでにならないのです。
 
<牧師のコメント>
ある高校生の言葉
「イエスさまがいつも一緒だから、一人でも大丈夫。」
なんて、言えるわけがない。
学校で一人は無理、自分の居場所を作らなきゃやっていけない。
日曜日に誘われると、とても苦しい。
礼拝が、待ってるのに。
 
あるサラリーマンの言葉。
綺麗事でお金は稼げない。
仕事を取るために、競争に勝たなければ評価が下がる。
こんな社会だから、礼拝に出られないと心が「死ぬ」。
でも取引先は、次の日曜に見積もりを持って来いという。
 
悩まない人はいない。苦しまない人はいない。
みんな、祈って、祈られて、大きくなる。
 
いばらの向こうに、青空が見える。

f:id:Yattomo:20091123122418j:plain

逃げるは役に立つか。

<聖書のことば>

Luke 8:6 また、別の種は岩の上に落ち、生え出たが、水分がなかったので、枯れてしまった。

Luke 8:13 岩の上に落ちるとは、こういう人たちのことです。聞いたときには喜んでみことばを受け入れるが、根がないので、しばらくは信じていても、試練のときになると、身を引いてしまうのです。

 

注)「種」とは神の救いのみことばのことです。

 

<牧師からのことば>

残念だなあ。

信仰の醍醐味を一番深く味わえる時に、いなくなっちゃうなんて。

ねえ、そうだよねえ。もったいない。

512年前、稲光と火の玉に脅されて修道士になったルターという人がこう言っている。

「試練のなかに、どれほど大きな恵みが隠されているかを知るべきだからです。そのようなことを知ろうとする人は、ごくわずかです。そのためにかえって、大きな傷を負ってしまっているのです。」

試練の時に身を引くと(逃げると)かえって傷つくぞ。

逃げるは役に立たない。

覚悟を決めて、根を張って、隠された恵みを受けよう。

f:id:Yattomo:20161205144413j:plain