読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころパン

聖書と、たわむれる時。

神さまのところへ来た人

<聖書のことば>
「私は若者たちに、 あなたのじゃまをしてはならないと、 きつく命じておきました。 のどが渇いたら、 水がめのところへ行って、 若者たちの汲んだのを飲みなさい。」
(Ruth 2:9 SHINKAI)
 
<牧師から>
ボアズさんの畑に来て、落ち穂を拾い集めているルツ。
それは当時、他に働く手段がなく、食べて生きて行くために、人ができる唯一のこと。
そのとき、ボアズさんは、ルツにこんなやさしいことばをかけたんだ。
 
ある人がこの聖書箇所をこんな風に言った。
「神さまのところに来た人の邪魔をしてはならないのですね」って。
 
神さまに招かれて、教会にいろんな人が来る。
あなたは、生きるために、つまり神さまを知るために、そこで必要な助けもらうことができる。
 
教会は決して邪魔をしない。
神さまが用意された「水」(つまり神のことば)を美味しく、時に苦く、飲んで欲しい。

f:id:Yattomo:20170415102852j:plain

神が降りて来られる時

<聖書の言葉>
Mic. 1:3
 見よ。 【主】は御住まいを出、
  降りて来て、
  地の高い所を踏まれる。
Mic. 1:4
 山々は主の足もとに溶け去り、
  谷々は裂ける。
  ちょうど、 火の前の、 ろうのように。
  坂に注がれた水のように。
 
<コメント>
刑事がガサ入れ(犯罪の現場に踏み込むこと)するように、神さまが来られることがある。
神は、私の高ぶった思いを打ち砕き、間違ったやり方を変えてしまう。
登ろうとしてた頂上は溶けてなくなってしまった。
 
私は「どうしてこんなになっちゃったのかな。」と思う。
神は、聖書を通して、過ちを悟らせようとする。
読んでいたつもりだったけど、それはカタチだけだったのかもしれない、と私は思った。
 
牧師

f:id:Yattomo:20170412105004j:plain

新しい自分

“この天地は滅びます。 しかし、 わたしのことばは決して滅びることがありません。”
(Luke 21:33 SHINKAI)
 
今の世界が過ぎ去って、新しい時代が来ます。
しかし、キリストが語られたことばは、そのまま新しい時代の礎となります。
古い自分を脱ぎ捨てて、自分の全てを新しくするようにとイエスは言われました。
主イエスを外して、自分を変えよう、とは思わない。
それは古い自分を重ね着することだから。
 
イースター主日(4/16)まであと12日

f:id:Yattomo:20170404073835j:plain

今夜のスケジュールは。

<聖書のことば>
“イエスは、 ちょうどそこに来られて、 上を見上げて彼に言われた。 「ザアカイ。 急いで降りて来なさい。 きょうは、 あなたの家に泊まることにしてあるから。 」”
(Luke 19:5 SHINKAI)
 
<牧師から>
志望校に入学できても「こんなはずじゃなかった」と日々が過ぎていくことがある。
仕事に成功してお金持ちでも、人生に失敗することがある。
 
キリストはそのようなあなたを捜しに来られた。
 
ザアカイには、主イエスの言葉がこう聞こえたろう。
「今夜のスケジュールは、あなたのこころに入ることだ」
さあ、到着だ。

f:id:Yattomo:20170323151422j:plain

もうそれで十分かな?

<聖書のことば>
“イエスはこれを聞いて、 その人に言われた。 「あなたには、 まだ一つだけ欠けたものがあります。 あなたの持ち物を全部売り払い、 貧しい人々に分けてやりなさい。 そうすれば、 あなたは天に宝を積むことになります。 そのうえで、 わたしについて来なさい。 」”
(Luke 18:22 SHINKAI)
 
<牧師から、ひとこと>
「もうこれで十分だよね」と思う時にこそ、主イエスは言われます。
 
「まだ一つだけ足りないものがありますよね」
 
それが何か、探して見てください。
とても大切な、絶対なくてはならないかもしれません。

f:id:Yattomo:20170307123311j:plain

どこまでいっても「上」はある。

“自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、 わたしの弟子になることはできません。”
(Luke 14:27 SHINKAI)
 
世界を変えたいという大望を持っている人は、主イエスの弟子になってください。
弱い人のために働く人は、主イエスの弟子になってください。
差別と戦う人は、主イエスの弟子になってください。
医者になりたい人は、主イエスの弟子になってください。
 
人を笑顔にする仕事をしたいならば、主イエスの弟子になってください。
代表取締役社長になりたい人は、主イエスの弟子になってください。
日本一のドーナツ屋さんになりたい人は、主イエスの弟子になってください。
一生自由でいたいと思う人は、主イエスの弟子になってください。
 
主イエスの弟子だからといって、全てが思い通りにはなりません。
弟子として耐え忍ぶならば、あなたの計画を超えて、常に新しい道が見いだされます。
これは本当のことです。
 
何をするにしても、自分が超えることのできない権威が、はるか上にあることを知りましょう。
そして全ての土台は、主イエスに従うことです。
主よ、喜んで。と。

f:id:Yattomo:20170130132229j:plain

当たり前ではない日常。

<聖書のことば>
「いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。」 (Eph 5:20)
 
<牧師から>
日常は、実は、当たり前ではない。
今という時間は、1時間同じように続くとは限らない。
毎日が、一瞬一瞬が、すべて与えられている。
「すべてのこと」とは、正真正銘に「すべてのこと」。
私たちの想像力をはるか越えて、大いなる神がすべてを生み出し、保持して、私たちに貸し出して、支配しておられる。
 
だからさ、感謝しようよ。神さまに。
神を知っている人も、知らない人も。
感謝する理由は、この世にあふれているのだから。

f:id:Yattomo:20160822100742j:plain